蓄光弾 と ACETECHのトレーサー

0

    どうも!!

     

    今日はSFBCに大量の新しいTシャツとポロシャツが並びました!

    スカルフロッグのマークって可愛らしいですね!!戦場だったら見たくないでしょうけど!

    そんなアッシーです!!!

     

    今日はトレーサーに関する簡単なお話です!

     

    SFBCでは今はACETECHのトレーサーを中心に並べています。

     

    トレーサーってなんだよって方もいると思いますが

    まずは画像です!はいどん!

     

    はい!一番左の真っ白で見えないAT2000、

    その隣のライター、更に中央上のプレデター

    最後に中央下のAT1000

    が今のところあるACETECHのトレーサーですね!

     

    ではトレーサーとはなんだ?ですが

    蓄光弾を光らせる為の装置

    ですね!はい!

     

    結構それぞれに特色があるのでいくつも種類がありますが

    AT1000は電池を使用する単体型

    AT2000はサイレンサーなどの中に入れる型

    プレデターはAT2000とQDサイレンサーのセット

    ライターはUSB充電式で電池いらずの型

    といった感じに各自特色を持っています!!

     

    特にライターは

     

    結構な小型 + 電池ではなく充電式という点で

    射撃の衝撃などで電池の接触不良や

    蓄光弾を必要とするような

    暗いフィールドでの取り回しの邪魔にならないサイズ

    と結構利点がありますね。

     

    実際、比較的最近発売され始めたものですし優秀ちゃんです。

     

    最後に蓄光弾ですが


     

    こんな風に普通の見た目ですがスマホ等の光で

    10秒以下ぐらい適当に当ててあげるだけでも

     

     

    こんな風に暗い場所でもBB弾が目立つ色で光ります!

    トレーサーですとこんな微妙な光り方じゃなくてビカーッと光りますけどね!!!

     

     

    一応SFBCでもプラスチック弾…ですが

    結構いいところの蓄光BB弾を入れたボトル2種も

    他のメーカの普通のバイオBB弾とかと一緒に売ってます。

     

    気になったら是非とも見に来てみてくださいね!!

    では以上ですさらばです!!

     


    BELL製 G17 JohnWick 2 カスタム

    0

      どうも!!!

       

      先週、サバゲーに行ってきて未だに体がバッキバキの

      そんなアッシーです!!

       

      もうガスガンがバシバシ動く時期に入ったようで嬉しいですね!

       

      はい!では本題に入ります!

       

      今日は第3作品目の告知トレイラーなどが公表されている

       John Wick に登場した銃、

      G17を模したガスガンのご紹介です!

       

      はい、どん!

      BELL製

      G17 John wick 2 カスタム ガスガン

      といった所ですね!!

       

      スライドはメタルスライドで

      文字はレーザーでマーキングされたものになります。

       

       

      グリップは全体的に滑り止めを焼き付けており

       

      下のマグウェル部分には

      こっそりと自己主張をするマークが入っています。

       

       

      こちらはスライドをスライドストップで止めている状態ですが

      射撃時はしっかり最後まで後退します。

       

       

      マガジンは東京マルイ製のマガジンと互換があり、

      上記の写真では東京マルイ製グロックに

      BELL製のマガジンが刺さっている状態です。

       

      マグバンパーもマルイ製マガジンに

      付け替えての使用ができるかと思いますので

      全体的にマガジン不足は気にならない安心感があります!

       

      左:東京マルイ製 右:BELL製

       

      スライドの内部構造も結構似通っているので

      東京マルイ製をターゲットにしたカスタム品や

      スライドに交換してみるのも面白いかもしれませんね!!

       

      ※異メーカー間でのパーツ交換はパーツの干渉等で

       取れなくなったりする場合が比較的多くありますので、

       ご自身でも情報や知恵を集めてから組み込んでいただきたく深く願います。

       

       

       

      あっ、ちなみにサイトはこんな感じです。

       

       

      最後にG17johnWick2カスタムの全体像を写して終了です!

       

      ではこの辺でさらばです!!


      BELL製のG17GEN2

      0

        どうも!!

         

        先日、サムライエッジのスライドをマルイのM92に組み込もうと思っていましたが

        持って来ていたのがM9A1だったという…そんなアッシーです!

         

        型が違うだけだから…平気平気…と思っていましたが

         

         

        全然違いますねコレ!!!!

        エアガンだから多少は〜と思ってたんですが

         

        調べればM92とM9ではHOP調整できる出来ないで構造が〜

        とか書かれていました。

        まず形は似てれどまったくの別物ですし…

        東京マルイさんはヤッパリちゃんとしたメーカーなんだなぁと改めて教えて貰いました。

         

        はい!では本題

         

        BELL製のG17にGEN2版が来ました!!

         

        普段のGEN3、GEN4と大きく違うのは

        グリップの凹み、フロント下のレールが無い

        といった感じですね。

         

        全体的にするっとしたフォルムになり

        フロント下のレールが無くして少し斜めのボディーになったことにより

        結構早撃ちとかにいいんじゃないでしょうか

         

        確かドラえもんにグロックが出てくる映画ありましたけど

        これを使ってそれを使っていたキャラになりきるとか面白そうですね。

         

        その内GEN1とか出してくれちゃったりするかもですねコレ!

         

        では今日も時間がないないさんなのでこの辺でおさらばです!

        また次は早めに更新したいですねー!

         

         


        G33タイプ マグニファイアー ブースターの紹介

        0

          どうも!!!

           

          バトルフィールド1というゲームを始めて一週間!ようやっとモシンナガンとmarkVIを手に入れた

          アッシーです!!

           

          今回はG33 ブースターのレプリカを簡単にご紹介したいと思います!

           

          はい!こちらです!どん!

           

          分解された状態で箱に入っているので

          折角のブースターに間違って傷を付けない為にも

          このままいきます!

           

           

          はい、ブースターと言うのは

          ドットサイトやホロサイト等の光学機器と組み合わせて使うのが

          基本との事でレティクル等は一切ありません。

           

          マグニファイアーとタイトルに書いてありますが、

          カメラのアクセサリ商品にマグニファイアと呼ばれる

          ファインダーから見れる景色を拡大する目的の物を指しているようです。

           

          特別な固有名という訳ではないみたいですね!

          次に行きましょう!

           

           

          次は

          此方のホロサイトと組み合わせて

          どれぐらいレティクルが拡大されるかを見てみましょう!

           

          まずはホロサイト単体です。

           

           

          ちっさい!

          肉眼で見たらこんなには小さくないのに…

          大体この距離だと1cm近くの大きさはあります。写真だと小さすぎて可愛らしい事になってますが

           

          はい!では次にブースターで覗いてみましょう!

          どん!

           

          ゲェ!近い!!

           

          ですが、他の光学機器と組み合わせて使う性質上、
          アイリリーフをかなりキツめにされているので

          枠に邪魔されずに見るには本当にこれぐらいの近さになります。

           

          このブースターは倍率x3なので

          写真うつりを考えてもちゃんとx3されていると思います。

           

           

          後、ずっと手持ちで写真を撮っていますが、

           

          もちろんマウントもありますよ!

           

           

          マウントには穴の二つ開いたプレートに

          ブースターをネジで取り付け

          使用時には手の力で起こしたり、倒したりします。

           

          スプリングを抑えてボタンを押して倒すブースターもありますが、

          レインボーシックスで見受けられる

          手で起こし倒しするブースターと同じ様な仕様かと思います!

           

           

          ハイマウントのサイトにも対応するために中敷きも付属してます。

           

           

          あとはサイトをいちいち調整しなくてもいいように

          ブースター側に調整ネジがついていたりとかもしますね!

           

          結構いい出来なのでブースター単体は入荷してはすぐ消えている印象ですが、

          その代り早いスパンで再入荷してくるのでSFBCでみていただければと思います!

           

          では結構時間が経ってしまっているのでこの辺で!


          5月7日!GW明けの更新 [ CQC SERPAタイプ ホルスター ]

          0

            どうも!!

             

            休み中にVRを体験してしまい来月、エアガンかVRを買うか悩んでいる

            アッシーです!!

             

            はい!今日は久々の更新ですがシンプルなので行きます!

             

            どん!

            ガバメント用レベル2(左)と3(右)の画像

             

            はいCQC SERPAタイプのホルスターですね!

             

            CQCホルスターは

            相手から抜き取られにくい

            ワンタッチでの解除からトリガーへ指を持って行きやすいボタン配置

            レベルによって取られにくさ、厳重さが違う

            といった特徴があります。

             

            SFBCではこのタイプのホルスターは

            レベル2とレベル3しか置いておりませんが

             

            扱えるガンの種類は各種に

            M92 , グロック , ガバメント , シグ P226 

            とメイン所はおさえさせていただいております。

             

            ロックがかかった状態(左)ロックを外した状態(右)

             

            レベル2、3のCQCホルスターには外側に

             

            凸?の様な形のボタンがあり、

            エアガンを入れた際

            トリガーガード部分に当たる爪によって保持されます。

             

            結構簡単なつくりなんですが

            トリガーを引く人差し指で凸ボタンを押して

            ハンドガンをスルッと抜き取り

            そのまま指をトリガーにかけて射撃!といった

            ある程度の早抜き早撃ちが出来るボタン配置になっているんですね!

             

            結構、実物の方は軍隊でも傭兵でも使用されていたりするので

            実物はちょっと手が届くか…だけどこの装備をしたい!

            という時は一度見に来ていただければと思います。

             

            お試し用の見本も置いていますし!

             

            はい次ですね!

             

            どん!

             

            ちょっとぶれてますけどレベル3のCQCホルスターです!

             

            コッチも同じくトリガーガード部分に爪をかける形ですが

            レベル2との違いはスライド部分を覆うカバー部分ですね!

             

            ロックがされている状態(左)ロックが外れた状態(右)

             

            こちらは先ほどの早抜きが〜等のタクティカルさとは違い

            抜き取られにくさに重点を置いてカバーがついた形となってます。

             

            抜き取り方としては親指でカバー横の棒を押してカバーを開き、

            レベル2でしたように人差し指で押して抜き取る!

            といった感じですね!

             

            抜き取られるってなんだよ!となりますが、

            実戦でのやり取りでは死に物狂いで

            ベストや腰についている撃てる銃を奪ってくる…

            角から飛び出してきて抜き取られて発砲される…

            とか、想像ですけどあるんでしょう!!

            やっぱり命のやり取りですからね!

             

             

            ホルスターの後ろ側には

            MOLLE用やヒップ用のアダプタ、レッグパネルに付けられる

            ポイントが付いています。

            汎用性もアリですね!

             

            他にもCQC以外に

            IMIタイプやGLSタイプのホルスターもありますが、

             

            結構長くなってしまっているので

            今回はこの辺で終わりにさせていただきます!

            次回はまた近々更新します!

             

            では今回はこの辺でおさらばです!

             

             

             

             


            FC1ドットサイトの事

            0

              どうも!!!

               

              M40リボルバーのホルスターにディティクティブ用の物を買ってしまった

              恥ずかしいのでM36用の方も買いますアッシーです!

               

              今日はFC1ドットサイトの光量を参考程度の画像ですが

              撮ったので載せておきたく来ました!

               

              はい!どん!

              明るさ半分ぐらいです。

               

              レンズが若干赤く、湾曲しているので

              真っ赤になるぐらい反射しているように見えますが

              真ん中の大きい方の点がドットです!

               

              夜かつ、室内なので大して参考にならないのですが

              結構ドットがデカめの所が良いんじゃないでしょうか!

               

              小さいと見失いやすいですからね!

               

              ↑最大光量ですね。

               

              そんなに変わらないように見えますが

              これなら昼でもある程度見えるんじゃないか

              と思うぐらいには増強されていました。

               

              因みに相手側からだとこんな感じ、

              コッチは最大でも中間でも大して変わらなかったですね。

               

               

              後、結構ボタン電池の上下どっちだっけか…

              と、なりがちな部分をフォローしてくれている点が

              自分は好きですね!

               

              一応比べる為に他のドットサイトの最大光量も載せておきます

              二つだけしか撮れませんでしたが

               

              まずC-MORE…個体差とかあるんですかね?

              凄いちっちゃいので昼の野戦向きではないですね。

               

              室内や夜の戦闘では

              この軽いボディーと丸いデザインは邪魔にならないと思いますので

              場所に合わせていけば非常に良いドットサイトだと思います!

               

               

              次に

              T-1です!

               

              こちらはレンズが小さい事と、ハイマウントと一体型なので

              光量はいいですが、使う銃を選ぶべき子だと思います!

               

              緑ドットもあるので昼夜に対応しています。

               

              結構色々なドットサイトがあるので他にも時間を見つけて撮っていきたいと思います!

               

              今日はこの辺でおさらばです!!!


              BELL製 VSR-10 (エアーコッキング)のご紹介

              0

                どうも!

                 

                最近はハンドガンばかり買っていたので自粛中のアッシーです!!!

                本日は

                BELL製のVSR-10をご紹介いたします!!

                 

                どん!

                 

                はい!見づらいかもしれませんが必死こいて撮りました!見て見て!

                 

                ベルさん情報だと

                初速は最大90〜最低85ぐらいだよ〜

                へぇ安定してる方だなぁ…

                 

                アダプタ無しでサイレンサの取り付けもOK!

                サプレッサーは付けたいよね

                 

                マルイマガジンも互換OK!

                簡単に手に入る互換先があるのはいいな

                 

                バイポッドアタッチメントを付けられるようにもなってるよ〜

                へぇ(どこなのかまた見ないと…)

                 

                中身はマルイと完全互換だぞー

                なんとなく分かる

                 

                との事だそうです!

                 

                確かに過去に

                BELL製とマルイ製のスナイパーエアライフルを並べて

                比べているブログを見ましたが、

                そのエアライフルをBELLをマルイが参考に作った〜とか書いていた気がします。

                当時からそう言った内情やメーカー間の話は疎いので本当かは知らないです。

                 

                 

                はい無駄話ですね、見ていきましょう!

                最初は発射口のネジ切りから見ていきましょう!

                この先端の部分ですね。ミヅライ

                これを時計回りにクルクルと回します。

                おお〜ネジ切り部分がありましたね

                付け直す時は反時計回りに回すとOKです!

                 

                次はマガジン付近を見ましょう

                多分一番前方部分についている小さい穴が

                アダプタを付ける穴なんでしょうね。


                マガジンもついでに見てみましょう。

                 

                確かにマルイと同じ形のような気がします。

                 

                メカとストック部分の間にはセーフティレバー

                 

                本体の左側には…

                結構傷つけるタイプのホップ調整レバーですね。

                 

                今回はフェイクウッドバージョンですがブラックバージョンも置いていますよ!

                 

                ざっくりとこんな感じですね!!

                確かにベルさんの言っていた通りのモノはございましたが

                他にも見たいポイントや気になる点はあるかと思います!

                 

                その際は

                店頭には現在は置かれていないので直で見たい方は

                SFBCのスタッフにお声かけください!

                 

                楽しみにしております!

                 

                 

                追記

                ベルさん曰くSRUという

                ブルパップキットがあるそうですがマルイと完全互換ですし

                土台にも使えていいんじゃないでしょうか

                自分もSRU sr-snp-10 で調べたら情報が出てきました


                WE製 L85A2 と M1A1トンプソン のガスブロ入ってます!

                0

                  どうも!!アッシーです!!

                   

                  今日はWE-TECH製のガスブローバッグ

                   

                  L85A2とM1A1の刻印無しの樹脂ストック版の紹介ですね!!

                  ええ!前までSFBCでは

                   M1A1 はアメリカ国旗の様なマークが入った

                  樹脂ストックのものしか無かったんですね!

                  無刻印ストックの物はすぐ売り切れてしまって…

                  ですが今回また在庫は少ないですが

                  入ってきてくださいました!

                  袋から出さずに撮った画像…次から袋を剥ぐぐらいはします

                   

                  まあよく言われる「刻印とかじゃなくてなんで

                  木製じゃなんだい!」

                  というのは凄いわたくしも気持ちは分かります。

                  が、木ストックはもうしばらく気長に待ちましょう。

                  KINGARMS製の物でもくっつくんでしたらそれでいいかもしれませんし!

                   

                   

                  次いきましょう

                   L85A2 ですね!!

                  流石に無印とA1はできなかったんでしょうね

                  はい、仕方ないですねはい

                   

                  興味のあるお客様に見せたのか

                  画像は袋とバンドから取り外されていますが

                  もし購入される際は傷などないか見たり

                  ガッチリと梱包材を敷き詰めたりしますから我らにお任せです!

                   

                  あっ一応L85は専用マガジンという訳でなく

                   

                  WE製のM4マガジンを使えます!

                   

                  後、最近入って来るWE製には

                  ちゃんと日本版シールが貼られるようになりました。

                   

                  タイトルの分はこれで以上ですね!!はい

                   

                   

                   

                  以下余談ですが

                   

                   

                   

                  M1A1トンプソンのマガジン分解は

                  パーツを飛ばしてもいい場所でしましょうね!

                  特に前方に!

                  飛ばしたくない場合はマガジンの

                  この上部の放出バルブ側を下にして

                  マガジン底のプレートを外して

                  バネのテンションをなくしてから

                  上部のメカ部分を外しましょうね!

                  わたくしはそんな構造だと知らずに

                  散弾みたいに飛ばしましたから!!!!

                   

                   

                   


                  MADMAXその

                  0

                    どうも!アッシーです!

                     

                    本日は昨日書きました

                     

                    MADMAXダブルバレルショットガンの続き

                     

                    シェルに関してのお話です!!

                     

                    昨日はMADMAX本体と赤シェルの事を

                    (少しだけ)取り上げましたが

                    今日は残りの緑シェルと3D黒シェルのお話です。

                    はい!此方が3D黒シェルと緑シェルです!

                     

                    3D黒シェルは

                    3Dプリンタで作られていて

                    五点、穴が開いています。

                     

                    緑シェルはCNC加工で作られており

                    3点の穴を持っています。

                     

                    どちらも一点につき最大8発まで6mmBB弾を詰め込め

                    黒は40発!緑は24発!といった形になっております。

                     

                    赤シェルだと一点のみかつ

                    弾道のランダム性が低かったので

                    迫力が少し低かったかもしれません。

                    ですがこれならドバっと同時に三点、五点から出るので

                     

                    少しのBB弾でも

                    散弾らしい動きをしてくれる事違い無しです!!

                     

                    そんなせっかくのシェルですが

                     

                    ↑画像のバレル内に見える

                    インナーバレルがある従来の状態ですと

                    撃てませんので

                    ↑画像の発射口下部にあるイモネジを

                    比較的小さめの六角でクルクルととっていただいたら

                    前方のイモネジによって留められていた

                    ゴムが取り外せるようになるので

                    取ってしまいましょう!

                    後は内部に残ったインナーバレルを取ってしまうだけです!

                     

                    ※ゴムを外す際は結構穴などが開きやすいので

                    爪でつまんだりして引き抜いてあげましょう。

                    結構ゴムやバレルが傷ついたりインナーバレルを元に戻すのが面倒なので

                    敢えて文章のみでの説明となりました。

                     

                    シェルを装填するとこんな感じですね。

                     

                    空薬莢等を入れて遊ぶと様になりそうです!

                    (火薬入りのシェル等を何らかの理由で持っていても尚且つ

                    山中で住んでるから音とか大丈夫♪とか言える方でも

                    絶対に撃って遊ばないでください、憶測ですがドエライ事になりますよ)

                     

                    一応、傷つけそうだ・・・と思う方は

                    緑シェルと撃てるようにした状態の本体のセットが

                    ネットにありますので探してみるのもいいかもしれませんね!

                     

                    時間に余裕を持って今日は出来てるので

                    結構長くなってますが次が最後、

                     

                    シェルの分解ですね!!

                     

                    最近は奇抜な形のシェルが増えてきているので

                    このシェルは分解したら中身どうなってるんだろうか・・・

                    ガス漏れ時にええ・・・コイツの構造知らないからなぁ

                    バネ飛んでこないよなぁなんて考える事あるかも知れないですね!!

                     

                    はい!前置きはここまででMADMAX用のシェルを開けていきましょう!

                    一応パーツを無くさないようなところで始めてくださいね!!!

                     

                    と言っても開けるのはかなり簡単なんです。

                     

                    実はこの薬莢底と薬莢本体を

                    ペットボトルの蓋を開けるように回せば開くんですね。

                     

                    はい!結構硬かったり

                    するするいけたりしたかもしれません!

                     

                    硬かった時はシリコンスプレーを吹いといてあげましょう。

                    後々底からガスが漏れる原因になりかねません。

                    一番のガス漏れの原因は直上の画像で

                    前に持って来ていますバルブとバネ、ですね。

                     

                    バルブは指やメガネ拭きでゴムの細かい汚れを取って

                    シリコンスプレーか冷たい手に暖かい息を吐くように

                    ハーハーしてあげるといいです。

                     

                    次にバネですが、

                    コイツが少〜し右に曲がっているだけで

                    ガス漏れが起きていた何てことがあるので

                    同じ右側に指をのせて押し込んだりはじいたりして

                    なるべく平面になるようにしましょう。

                    此方もシリコンスプレーを一応か、

                    息をフーッと吹いときましょう。

                     

                    もしこれらをやってまだ漏れているようでしたら

                     

                    じわじわ隙間から漏れているなら根気よく

                    漏れている箇所に何かしらかのアプローチをしてみましょう。

                     

                    ブジュー!と出てきた場合は

                    注入バルブの問題の場合が大きいと思うので

                    シェルではなくバルブを直す必要があるかも知れません。

                    その場合は購入からあまり日が経っていなければ

                    一度、購入した所に頼ってみるのもいいかもしれないですね。

                     

                    以上で今日の主な書くことは終了です!!!

                    詳しく書けている自信は全くありませんが

                    メンテナンスの参考になればとは思います・・・

                     

                    次回は何にしようか考え中ですがまたお会いしたい限りです!

                    補足やこんな物とあんな物の組み合わせは可能か・・・?

                    などのリクエストも結構時間はかかるかもしれませんがお受けできたらなと思います!!!

                     

                    では長文お付き合いありがとうございました!!

                     


                    MADMAXその

                    0

                      どうも!

                       

                       

                      昨日はブログの編集の〆中にシステムエラーを喰らって投稿できず、

                      今日も途中でデータが飛んだ


                      アッシーです!!

                       

                       

                      画像の貼り付けを行った瞬間にエラーは起きたので
                       

                      今日は編集中の文章をメモにコピーしながらの投稿でしたがダメでした!!!

                       

                       

                      今回も時間が少なくなってしまったので

                       

                      簡単に紹介をしたいと思います。

                      はい!!どん!MADMAXダブルバレルショットガンです!!!

                       

                       

                       

                      昔はハドソンというメーカーで同名の商品が作られていて

                       

                      現在は華山というメーカーで作られているガスガンです!

                       

                      SFBCで取り扱っている

                      MADMAXに使用できるシェルは現在は三種類あります!

                       

                      名前を付けるなら左から

                       

                      3D黒シェル、緑シェル、赤シェルという感じですかね!

                       

                       

                      従来のMADMAXにはインナーバレルが仕込まれているので

                       

                      本来は穴が真ん中に一つある赤シェルの形のみしか使用出来ませんが

                       

                      明日はその

                       

                      赤シェル以外の黒シェルと緑シェル

                      使えるようにするにはどうすればいいか、

                      他、シェルの分解と

                      個人的にガス漏れの原因になりやすいと思う箇所を

                      書きたいと思います!!!

                       

                      今日も少ない内容かつおふざけが足りてませんね!はい!

                       

                      明日こそは少しは濃い内容にしたいです!

                       

                      では今日は見てくださりありがとうございました!!

                       

                       

                       

                       


                      | 1/53PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      • ブレイドイングラム入荷!!
                        DOC (01/31)
                      • APS M870ショットガン 日本輸入Ver!!
                        はち (12/29)
                      • ブレイドイングラム入荷!!
                        salieli (12/17)
                      • ブレイドイングラム入荷!!
                        DOC (12/02)
                      • そろそろ忘年会シーズンですね・・・・。
                        salieli (11/23)
                      • そろそろ忘年会シーズンですね・・・・。
                        ssk (11/23)
                      • そろそろ忘年会シーズンですね・・・・。
                        DOC (11/23)
                      • 誰も見てくれてないんで辻本杏ちゃん載せときます!!
                        DOC (11/12)
                      • TMC製 CPC用バックパネル入荷中!!
                        DOC (10/31)
                      • 般若マスク入荷!!
                        DOC (10/04)

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM